ポイントで投資信託が購入できる証券会社

2020年8月17日月曜日

ポイ活 投資

t f B! P L

 


投信信託をはじめたい。

はじめたいけどなるべくならリスクを負おいたくない。

それでポイントで投資信託を買えることを知ったけど、どこの証券会社ができるのかよく分からない。


そんな方にポイントで投資信託できる証券会社を紹介します。

ポイントで株を購入したい方はこちらをお読みください。

≫ 【初めての投資】ポイントで投資ができるおすすめ証券会社4選


ポイントで投資信託を買える証券会社

ポイントで投資信託を購入できるのは以下の通りです。

  • ・楽天証券(楽天ポイント)
  • ・LINE証券(LINEポイント)
  • ・SBI証券 (Tポイント)
なぜこの3つの証券会社を選らんだのか。

それは「ポイントがたまりやすい」からです。

ただ注意することもあります。

ポイント投資で注意する3つのこと

ポイント投資をはじめるにあたって注意することを3つ挙あげます。
  • ・通常ポイントでしか投資信託を買えない
  • ・取引銘柄少ない証券会社もある
  • ・コツコツ作業することが苦手な人には向かない

通常ポイントでしか投資信託を買えない

ポイント投資で気を付けることはポイントはポイントでも「通常ポイント」でしか投資信託を買えないっていうことです。

期間限定ポイントでは購入できませんので注意してください。

通常ポイントと期間限定ポイントがあるポイントは
  • ・楽天ポイント
  • ・Tポイント
区別がないのが
  • ・LINEポイント
です。

なので「楽天ポイント」「Tポイント」で投資をする際は気を付けてください。
ポイント投資ができるのは「通常ポイント」のみです。
※SBI証券でもらった期間限定TポイントはSBI証券のみで使用可能です。



ちなみに通常ポイントと期間限定ポイントは「どういう時にもらうのか」というのはポイントによって違いますし細かすぎてお伝えすることが難しいです。

こればっかりは投資をやっていくうちに覚えていくしかありません。

取扱銘柄が少ない証券会社もある

各証券会社の投資信託の取扱商品数(2020年8月11日現在)
  • ・楽天証券 2,699本(※外貨建てMMF含む)
  • ・SBI証券  2,641本
  • ・LINE証券   28本

LINE証券が28本とかなり少ないです。

ですが本当におすすめする投資信託の商品はかなり限られていて、LINE証券はその限れている商品を扱っていますので、心配する必要はありません。


おすすめする投資信託の商品は
  • ・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • ・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

このあたりが低コストでそこそこリターンを狙える商品です。

※投資は自己責任でお願いいたします。

コツコツ作業することが苦手な人には向かない

ポイント投資は根気が必要です。
それはそうですよね。

買い物ついでにもらえるポイントですから、100円で1ポイントとか200円で1ポイントですから。

もちろん買い物以外でも公共料金やアプリなどを利用すればそれなりたまりますが、それでもコツコツやって行くことが大事になります。

なのでコツコツ作業するのが苦手な人は続けるのが難しいかもしれません。
だけど最初っから「私には向いてない」なんて思わず始めてみて下さい。

意外とハマるかもしれませんよ。

ポイントで投資信託を買うメリット

ポイントで投資信託を買うメリットは以下の通りです。
  • ・100円(ポイント)から購入できる
  • ・ポイントのためやすさ
  • ・リスクが少ない

100円(ポイント)から購入できる

ポイント投資に限ったことではありませんが、投資信託は少額から購入できます。

なので、こつこつポイントをためればいつの間にか100ポイントに達していて投資信託を買うことができます。

  • ・楽天証券 100ポイント~
  • ・SBI証券  100ポイント~
  • ・LINE証券 1,000ポイント~
LINE証券だけは1,000ポイントからで、毎月積み立てが条件になりますのでややハードルが高いです。

それでもLINEポイントをためる方法ありますのでやってみる価値はあるかと思います。

ここで気になるのがポイントのためやすさ。

ポイントのためやすさ

いまの時代ポイントがためやすくなっています。

特に楽天ポイント(楽天証券)とTポイント(SBI証券)は取扱店が多いので貯めやすいと思います。

またアプリやアンケートでためられることも多いですし、他ポイントから移行できるので比較的にためやすいです。

ただ、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」があるので注意してください。

投資信託を買うには通常ポイントが必要です。

その点LINEポイントは区別されていませんの分かりやすい仕組みになっています

リスクが少ない

ポイント投資の良いところは現金を使わないので、生活に支障が出ないということです。

ポイントをあてに生活しているのであればポイント投資をしていけません。

生活が立ち行かなくなりますので。


それでも本気でポイントをためようと意識し始めたらどんどんポイントはたまるし、そしたら少しは投資にまわせるようになります。

私はどんなに少額でもいいから投資をはじめることをすすめます。


もちろん投資をすることで損することも出てきますが、少額であれば損する金額も少ない。

損をしたなかで「何がいけないのか」「どうすればいいのか」と試行錯誤する中に利益を出す方法が見えてきます。

そうすると本業のほかに副収入としてお金が入ってきますので、生活や老後の心配事が少し減ります。

もし最初っから損をしたくなければ一所懸命勉強すればいい。


そしてある程度勉強したなら少額から投資をはじめる。

どんな世界でもそうですが、「知識」と「実践」は違ってきます。

なので知識を得たからって大金をいきなり投資に使わないように気を付けて下さい。

最後に

私は楽天証券かSBI証券で投資信託を購入し、LINE証券では株を1株ずつ購入する方法もいいんじゃないのかなって思います。

楽天ポイントとTポイントは競合する店もありますし、ポイントを分散するとたまりにくくなり投資する金額が減ります。

それとLINE証券投資信託を購入しようと思ったら1,000ポイント必要ですが、株でしたら200円~300円ぐらいで買える銘柄がありますので。


ではでは少しでも参考にして頂ければ幸いです。


QooQ