楽天のポイント投資で投資信託を「スポット購入」で買ったよ

2020年7月23日木曜日

ポイ活 投資

t f B! P L

 


楽天証券のポイント投資で投資信託を購入する場合は「積立注文」と「スポット購入」の2つの方があります。

それぞれの違いは以下の通りです。


2つの方法

・積立注文

→ あらかじめ設定した日付・引落方法により、毎月投資信託を購入できる注文方法です。

・スポット購入

→ 最低買付単位100円からいつでも投資信託を購入できる注文方法です。


それでなぜ私が「スポット購入」で購入しているのかお伝えしたいと思います。

投資信託をスポット購入する理由(メリット)

私は楽天ポイントがあるとついつい楽天市場のショッピングでポイントを使ってしまいます。
(それじゃ投資なんか続けられるわけがない!)

だから毎月積み立てていく投資なんて当然ムリなわけです
なのでポイントが反映された時点で「スポット購入」をしています。
※スポット購入の場合100円(ポイント)からの購入になります。


あっちなみにですが、ポイント投資で使えるのは「通常ポイント」であり「期間限定ポイント」は使えないので、期間限定ポイントはショッピングの支払いで使っています。


それともう1つ問題がありまして、積立注文をした場合「毎月いくら積立をするのか」を設定する必要があるのですが、これが問題。

仮に毎月1,000円分(ポイント)を積み立てるという設定をした場合、1,000円分のポイントがなかったら現金(口座引き落とし)の支払いになります。


私みたいに生活がカツカツだとかなり厳しくなる。
できれば全てポイントでまかないたい。

だったら投資をするなよって言われそうだけど、「投資を知るには実際に投資をしながら学ぶことが一番身につく」と思っていますので、投資は続けます。

なので私は「スポット購入」で投資信託を購入します。

なによりスポット購入がいいのはそのつど自分で購入するので「投資をしている」実感が得られるっていうことです。

最初投資に興味がなくても、自然と興味を持つようになります。
ただ、スポット購入にはデメリットがあります。

スポット購入のデメリット

積立注文と比べた場合「ギャンブル性が高い」ということです。
※初心者の場合

積立注文は「一定金額を一定の時期に購入して積み立てていく」ということになります。

これは別の言い方にすると「ドルコスト平均法」と言います。


ドルコスト平均法の最大のメリットは「他の投資手法と比べてリスクが低い」ということです。

投資は損することもあります。
だけどドルコスト平均法で購入すれば損(リスク)を最小限で抑えられることができる。
だからドルコスト平均法は投資初心者に向いていると言われています。

では「スポット購入」はどうか。
スポット購入のデメリットは「高値(たかね)掴(づか)み」をする可能性があるということです。




もちろん世界情勢、経済状況・株価の動きをみて購入すればリスクは抑えれれることはできるかと思います。
でも私みたいに初心者はまだまだ勉強不足でそこまで先を読むことができません。


だけど安心してください。
ポイント投資だし損しても少額。
(2,000円分投資信託を購入しても数十円の損。多くて100~200円の損で済みます)

だからそこまで身構(みがま)えることもないです。

それに相場(株価)が下がり続けることも考えづらいですし、私が購入している
「 eMAXIS Slimイーマクシス スリム全世界株式(オール・カントリー)」
を選べば、そこまで大損することはないと思います。(2020年7月現在)

ただ大損しないためには「長期保有」という条件が必要ですがね。

スポット購入の方法(スマホの場合)

ログイン後の画面

左上の「三」のところをタップしてください。


続いて、「投信信託」のところをタップします。


「探す・購入」をタップ。



「スポット購入」
「ファンド名・委託会社を検索」に自分の買いたい銘柄を入力して下さい。



私は「保有商品から」選択できますが、初めて購入される方は事前に閲覧をしといて「閲覧履歴」から選択することをおすすめします。




選択したら商品名のところをタップします。

次の画面で「目論見書(もくろみしょ)の確認と同意」という画面が出ますので内容を確認して「確認」をタップします。
※目論見書とは投資商品の説明書みたいなもです。



次の画面でも「確認」をタップします。

いよいよ買付金額を入力します。




ここでポイント利用をタップするとポイントで投資信託を購入できるようになります。



ポイントで購入する際は「100円(ポイント)以上」となっていますので注意してください。

チェックボタン「✔」をタップしたら「口座選択へ」をタップして下さい。

口座選択は「特定」をおすすめします。
2月~3月に行う確定申告で原則手続きをしなくて済みます。



次に「分配金コース選択へ」をタップします。



私は「再投資型」をおすすめします。

一時的に分配金をもらっても最初のうちは微々たる金額だし、再投資型の方が複利効果で投資資金が増えやすいので。

だから再投資型をおすすめします。

確認画面をタップしたら「注文の確認」をします。


確認ができたら「注文」をタップして「4ケタのパスワード」を入力して完了です。



楽天カードを発行しよう

楽天ポイントで投資するなら「楽天カード」は必須です。

楽天カードがあることによってボーナスポイントが2倍になったり、普段の買い物で楽天カードを使えばポイントがたまります。

ポイントがたまりやすいということはそれだけポイント投資額が増えていくということ

つまり資産がどんどん増えいく

それに楽天カードは年会費がずっと無料だから持っていて損はないです。



私が【楽天ポイント】を貯めるために利用しているサービスはこちら

≫ 楽天ポイントモール


≫ 楽天インサイト(モニター登録)


楽天カードは現在(2022年1月現在)発行すると最大5,000p(5,000円分)獲得できます。

≫ 楽天カード

条件は楽天カードを発行するだけで2,000ポイント
さらにカード利用で3,000ポイント

\年間費はずぅーと無料/


QooQ